ミャンマー・アングラLIFEブログ

ミャンマー最強ブロガーがお届けするアングラワールド

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウンサン将軍が暗殺された旧ビルマ省庁舎に大潜入!


どうも

ミスターヘリテージでお馴染みの

ローカルです。


いや~それにしても

ミャンマーは国がオープンになって以来

アートに関しても

注目されるようになってきましたよね!


これまでは

路地裏にひっそりと

ギャラリーがあったくらいなんですが

最近では大々的に

アートフェスティバル的な

イベントも行われるようになってきました。


とは言っても

基本的に

ギャラリーやホテルの会場、

またはオシャレなレストランなどを

借り切って行われることが多く

規模で言うと

そこまで大きくなかったんですが

この度

ダウンタウンで開催中の

アートフェスティバルでは

こんな場所が

使われてるんだぜ!


まさかの

旧ビルマ省庁舎

旧ビルマ省庁舎

だぜー!!


なんだぜこれー!?


ヘリテージ7

これなんだぜこれー!!


旧ビルマ省庁舎といえば

あの

アウン・サン将軍が暗殺された

場所として有名ですよね。


これまで長い間

貴重な歴史的建造物として

芸術協会により修復作業が進められ

普段は

ヘリテージ6

立ち入り禁止

になってるんだぜ!


ここ最近になってやっと

「殉教者の日」である

7月19日に限って

中に入ることが許されるようになった

ヘリテージ25

超レアな

ヤンゴンスポットなんだぜー!


基本的に

ヤンゴンの歴史的建造物の保護は

YHT(Yangon Heritage Trust)の下に

行われているんですが

この旧ビルマ省庁舎に限っては

アノ―マ芸術協会が管理、運営している為

今回も

このようなイベントが

開催できたんでしょうね。


まあここら辺の複雑な利権問題は

以前、ニュース記事でも取り上げましたんで

こちらも ご覧ください。


・・てことでね

殉教者の日以外で

中に入れる

またとないチャンス

ということで

早速、

ヤンゴン最高峰と言っても過言ではない

歴史的建造物に

ヘリテージ2

潜入だぜー!


どうやら

今回のイベントでは

建物の南棟の一部だけが

開放されてるみたいだぜ。


周りを見ると

ヘリテージ4

あちこちで

修復作業が続けられてるぜ。


そして、いざ

メインホールへ!


ヘリテージ8

なんだぜこれ、もう!


ヘリテージ12

もうなんだぜこれ、もう!!


めっちゃ

ヘリテージ13

美しい

んですけどー!!


ミステリーハンターとしては

ヘリテージ16

脳汁が出まくって

ヤバいんですけど~~。


いやマジで

ヘリテージ14

かつてこの場所で

名だたる官僚達により

政治が執り行われていたかと思うと

歴史の重みを

感じずにはいられねぇぜ!


残念ながら

アウン・サン将軍が暗殺された会議室は

ヘリテージ24

入ることは出来ませんでしたが

南棟だけでも

十分に見応えのある

歴史的建造物だったぜ!


もうとにかく

ヘリテージ19

荘厳で美しいです!


・・あっ、

ヘリテージ7

アートについて

お伝えするのを忘れてました。。


ヘリテージ15

こんな感じで

いくつかの部屋に

ヘリテージ23

作品が展示されていたんですが


ヘリテージ20

お米を使った作品

が多くて

自然との調和とかそんな感じでしょうか

確かにこういう空間じゃないと

表現は難しいのかなと思いました。


・・はい、てな感じで

このアートフェスティバルは

2月4日(10時~17時 入場無料)

まで開催されておりますので

歴史とアートの融合が楽しめる

この機会を

お見逃しなく!



↓歴史を知れば、今が分かる!クリック、ポチッとお願いだぜ↓


にほんブログ村





- 0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: スポンサー広告

You may also like

Category: ヤンゴンスポット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。