ミャンマー・アングラLIFEブログ

ミャンマー最強ブロガーがお届けするアングラワールド

ボージョーマーケットで日本人がウザがられてる件



どうも

ぶらりヤンゴン街散歩

ナビゲーターのローカルです。


ローカルと言えば



「ミスターボージョーマーケット」として

いつも楽しく

お買い物をしているわけですが

今日のローカルは

おこている!


掲題の通り

おこている!!


・・当ブログでは

もはや準レギュラー並みに登場している

ミャンマー最大のお土産屋さん



「ボージョーマーケット」


今日も

ぶらりとゆるりと



いろんなお店を見て周って

いつも行きつけのお土産屋さんにも

立ち寄ったわけです。


すると

そのお店のおばちゃんから

こんな話を聞かされたんです。


最近、

べらぼうに値切ってくる

日本人が多くて困っている。。


なんでも

いきなり

「半額負けろ」

と値切ってきて

それに応じないなら

ふてくされるそうです。


しかも

最近になって急に

そういう日本人観光客が3,4人来たそうで

おばちゃんが

「うちはFIX価格だからそれは出来ない」と

いずれも断ったそうですが

また同じようなお客が来たので

話を聞いてみたら

どうやら

どっかのガイドブックに

ボージョーマーケットでは

「50%から値切るべし!」

みたいなことが

書いてあったそうです。


どこのガイドブックか分かりませんが

誰だぜ

そんな

テキトーなこと言ってる奴は!!


いやね、確かに

ボージョーマーケットには

吹っ掛けてくるお店もありますし

そんなお店では

いかに値切れるかというのも

いわゆるひとつの楽しみでしょう。


でもね、中には

観光客に

ミャンマーのお土産を

純粋に楽しんでもらおうと

FIX価格で販売したり

適正な値段を付けてるお店も

たくさんあるんだぜ!


てか

そもそも「FIX」って値切れないですよ!


ローカルが行きつけのお店のおばちゃんも

自信を持って

値段設定をしているので

いきなりそんなに値切られたら

自分が信用されてないみたいで

悲しい・・

と言ってました。


・・あのね

「50%オフから始めろ」なんて

ちょっと

馬鹿にし過ぎじゃないですか?


その商品の



適正価格も分からないくせに

とにかく値切りまくるって

DOなんですかね?


先ほども言ったように

ボージョーマーケットは

値切りを楽しむ場でもありますが

人を悲しませる場

ではありません。


商売してる人だって

生活がありますし

それぞれの想いがあるんです。


一番の問題は

そんなしょうもない情報を書いた

ガイドブックだと思いますが

読み手だって

鵜呑みにせず

やっぱり

自分の目で見て

肌で感じて

真実を見極めないといけないですよ!


なんでも値切れると思ったら

大間違いです!


いやもはや

営業妨害です!


それをやってるのが日本人って・・


まあ、

大阪のおばちゃんは例外として

ほとんどの日本人が

値切りには慣れてないと思うんで

過剰に反応するんでしょうけど、

そんな情報に惑わされずに

自分の目を信じて

お買い物を楽しんでいただきたいです。


・・う~ん

こんだけ一方的な情報が溢れてたら

真実を見極める

って難しいですけどね。



↓あなたが信じてる情報は真実ですか?クリック、ポチッとお願いだぜ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へにほんブログ村

アジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

4 Comments

ヤンゴンおじさん  

そういえば・・

そういえば確かに、「ボージョーゼーは全部ボッタクリ店と見て間違いないから50%から始めるくらいでちょうどよい」みたいな記述を、どこかで読んだ記憶があります。
書籍名は失念しましたが・・

なんにせよこれは、情報というより「こうするべき、ああするといい」という、イデオロギーですね。
本か何かにそう書いてあることと、それを自分の行動の模範として採用することは全く別問題のはずですが、最近そういう、自分の倫理観を簡単に他人へ預けるコンピュータのような人間が増えてきたように思います。
同調や結束を強要し、異分子を排斥するSNS文化の弊害でしょうか。

民主化以降、ビジネスマンのみならず一般の観光客の間でも「ミャンマー詣で」が続いていますが、「買うこと、消費することで現地に貢献」というロジックは日本の震災復興の場面でもよく耳にするとはいえ、それで現地の人と軋轢を起こすんであれば、ハタ迷惑も甚だしいと言わざるをえません。

ここ数年の急激なミャンマー人のスレっぷりも、そういう民度の低い低俗な日本人の影響が大きな要因のひとつになっているのかも知れません。

2016/07/01 (Fri) 23:39 | EDIT | REPLY |   

ローカル  

ヤンゴンおじさん

深く切り込んでいただきありがとうございます。
今回の件は難しい問題でもありました。
結局は売る側も買う側も節度を持ってやれればいいんですけど
なかなかそうもいかないもんですね。。

情報は情報としてやっぱりミャンマーを肌で感じて自分で考えてもらいたいですね。

2016/07/03 (Sun) 19:53 | EDIT | REPLY |   

久保田  

私が訪れた際は

そんな事をやっているのが日本人だとは、同じ日本人として悲しい限りですね・・・
私が先日訪れた際は、お店にお金を多く払ってしまっていたみたいで、お店のおにぃちゃんがあの迷路のような中を走って探して追いかけてきてくれて、多く払っていた分を返してくれました。
人間としてお互い純粋な気持ちで接していきたいところですね。
ちなみに、ガイドブックに気をつけろと書いてあった、日本語で話しかけてくる子供たちにも会いましたが、特に害などなかったです。

2016/07/07 (Thu) 13:17 | EDIT | REPLY |   

ローカル  

久保田さん

そうですね、忘れ物や落とし物をした時に一生懸命届けてくれる人もたくさんいますよね!
基本ミャンマーの人たちは優しいですから、ボラれたり騙された時のショックも大きいんでしょうね。
もうその辺は個人差だと思いますので、ミャンマー人だからというより
相手をどれだけ思いやれるかだと思います。

2016/07/09 (Sat) 17:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: ブチギレ集