ミャンマー・アングラLIFEブログ

ミャンマー最強ブロガーがお届けするアングラワールド

120年の時を経て復活したラストエンペラーの奇跡!



どうも

ミャンマー中に埋もれる

歴史の謎を解明する

ミステリーハンターの

ローカルです。


それでは早速

前回の続き

イッちゃうぜー!


・・ヤンゴンの

隠れた観光スポットとして

にわかに人気が出てきている

ムガル帝国最後の皇帝


(8 Zi Wa Ka Rd,Dagon T/S)

「バハトゥール・シャー・ザファル」

の霊廟。


建物の中は



きれいに整備され

荘厳な雰囲気が漂っています。


そして左手にある



「RED FORT」という部屋に




ザファルとザファルの妻、孫娘のお墓が

並べられていました。


1857年の「インド大反乱」で

最高責任者に担ぎ出された



82歳のザファル。


その後、

イギリスにより反乱は鎮圧され

ムガル帝国は滅亡。


ザファルは流刑により

ヤンゴンで

その激動の人生を終えます。


このお墓は



老帝の無念と

帝国の栄枯盛衰を物語ってるようで

歴史的にも

とても価値のあるものではないでしょうか。


・・そして

「RED FORT」を後にして

霊廟内を見て周っていたら

どうやら



地下もあるみたいだぜ。


・・ん?




なんだぜこれ!?


もう一つ



めっちゃ立派なお墓が

あるんですけどー!


壁を見上げると



ザファルの画が・・


そうなんだぜ!


実はこれが



本物のザファルのお墓

だったんだぜー!!


地上にあるのは



レプリカだったんだぜ!


一体、

DOしてこんなことが!?


ここからが

奇跡の物語です!


・・ミャンマーへ流刑となり

1869年に

ヤンゴンで亡くなったザファル。


その亡骸は

イギリス人により秘密裏に埋葬されました。


そして皇帝の死後も

反英運動の精神的支柱となることを恐れた

イギリス当局は

約30年に渡り

この場所を立ち入り禁止とし

皇帝が埋葬されている正確な場所を

示すこともなかったそうです。


地上にあるこのお墓は



「大体ここら辺だろ!?」

って感じで作られたレプリカで

しばらくは

このお墓が参拝の対象となっていたそうです。


時の流れと共に

事実を知る人もこの世から少なくなり

ラストエンペラーも

永遠に葬り去られるのか

と思われた、その時!


とんでもないミラクル

が起こったんだぜー!!


・・それは1991年のこと。


ムスリム団体により

「RED FORT」の横に

メモリアルホールを建てる計画が持ち上がり

掘削作業をしていたところ

なんと地中から



本物のザファルのお墓が

見つかったんだぜー!!


120年の時を経て

ラストエンペラーが

日の目を見たんだぜー!!


もう奇跡以外の何物でもないでしょ!?


いやもしかしたら



ザファルの魂が

訴え掛けたのかもしれませんね!


そんな歴史とミステリー溢れるスポットが

ヤンゴンのど真ん中にあるのに

なぜこれまで

取り上げられなかったんでしょうね?


来年のガイドブック辺りには

載せてもいいんじゃないですか。


・・最後に

87歳で失意の中

その生涯を閉じた



「ラストエンペラー」

バハトゥール・シャー・ザファル。


詩人、学者としても知られる彼は

最期にこんな詩を残しています。



 <わたしは誰の光でもない

  誰の心の芳香でもない

  わたしは誰の役にも立たない

  ただひと握りの土、そんなものだ>



・・あまりにも哀しく壮絶な最期。


栄枯盛衰、諸行無常、波乱万丈・・

ザファルの晩年は

間違いなく

人生のどん底だったでしょう。


しかし

120年の時を経ても



ムスリムの人たちに愛され

威厳を保ち続けているのも事実です。


ちなみに

この霊廟は無料で参拝できますが

敷地内はきれいに管理され

参拝者にも丁寧に対応してくれますので

心付けがあるといいかもしれませんね。



↓ラストエンペラー フォーエバー!クリック、ポチッとお願いだぜ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へにほんブログ村

アジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

2 Comments

宮武麿  

歴史に翻弄さる

 興味深いです。
 日本占領時、首相だったバー・モウも、日本の敗戦で、日本に亡命して生活していました。
 ミャンマーには、いろんな歴史の秘話がありそうな気がしますが、この国の人は、あまり歴史に関心がないようなのと、雨期のカビで紙の資料が残っていないことから、文字通りいろんな秘話が埋もれてしまっているのかもしれません。

2016/06/17 (Fri) 18:27 | EDIT | REPLY |   

ローカル  

宮武麿さん

なるほど、カビで資料が腐ってしまってる場合もありそうですね。
本当に情報が少ないので、足で探して回らないと真実が分からないことが多いです。
これからもどんどん謎を解明していきたいと思います!
あっ、アーロン収容所も今年中にはやりますよー!

2016/06/19 (Sun) 17:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: ミステリーハント