ミャンマー・アングラLIFEブログ

ミャンマー最強ブロガーがお届けするアングラワールド

ついに「ジムカーナークラブ」の在り処を突き止めた!(当時の社交場の曲付き)



どうも、

雨が降ろうと槍が降ろうと

歴史の闇を暴くことを止めない

ミステリーハンターの

ローカルです。


それでは早速

昨日の続き

イッちゃうぜー!


・・今から約100年前

イギリス植民地時代に

ミャンマー2大社交場の一つとして

栄華を極めた

「ジムカーナークラブ」


その存在は

もはや幻かと思われましたが

ローカルはある施設で

衝撃の写真を発見したのです!


当時の



ジムカーナークラブの写真

だぜ!


しかも

その写真の下には

「Halpin Road」

という重要な手掛かりが!


未だかつて

誰も現在のジムカーナークラブの姿を

捉えていないんです!


これは

ミャンマーの歴史の闇に

灯りを照らすしかねぇだろ!


今宵、ローカルが

その姿を全世界へ向けて

初公開します!!



・・てことで早速、

地図で確認したんですが

どこにも「Halpin Road」という道は

見当たりません。


おそらくは当時の呼び名だと思われます。


こりゃ困ったぜぇ~。


「Halpin」と言えば

「Halpin Hotel」しか

思い付かねぇぜ~。。。




それで十分なんじゃね?


とりあえず



ハルピンホテル行ってみたら

DOですか?


てことで

あまり期待もせず

「Halpin Hotel」のフロントで

写真を見せたんですが

やっぱり

マティーブーだよ!!


そんなボロアパート

知らねぇってよ!


バカヤローか!?


この写真に



どんだけのミャンマーの歴史が

刻み込まれてるのか

分かってんのかYO!!


・・と、諦めかけたその時、

近くに「ガバナーズホテル」があるんで

そこで聞いてみたらDOですか?と

まさかの欧米人の宿泊客からの

サジェスチョンが!


確かに



歴史と格式ある

ガバナーズレジデンスホテルなら

何か分かるかもしれないぜ!


・・そして

ついに

「ジムカーナークラブ」に関する

全ての謎が

明らかになったのです!


ガバナーズホテルの担当の方によると

旧名「Halpin Road」は

現在の

「Pyidaungzu Road」

だったんだぜ!



この道です。


そして

ジムカーナークラブは

現在の



小児病院と




産婦人科病院

の場所に当たるそうです。


つまりは



こんなに広い敷地

だったんだぜー!


当時は

クリケット場やスイミングプールまで

あったということで

どんだけ

イギリス人がこの時代を謳歌してたのか

窺うことが出来ますね。


・・結局



写真の建物は

見つけることは出来ませんでしたが




これらの病院も




ジムカーナークラブ時代の建物を

改装、増築して

今でも使われているそうで

確かにそこには



イギリス植民地時代の痛みと

それを乗り越え



新たな時代を逞しく生きる

ミャンマーの姿がありました。


・・最後に

今から100年以上も前の

ジムカーナークラブの社交場で

実際に録音された

貴重な演奏の音源を発見しました!




「Melancholy baby by RANGOON GYMKHANA CLUB」


どうですか?


当時の社交場の息遣いが感じられて

なんとも

華やかな風景が浮かびますね。


でも、何でしょう?


ローカルには猛烈に

込み上げるものもありました。。。



↓生きることは痛みを知ること。クリック、ポチッとお願いだぜ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へにほんブログ村

アジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

3 Comments

宮武麿  

ヒストリリア ハンター

 ミステリー(ヒストリ-)ハンターにふさわしいです。
 そんな昔のメロディがあることさえ、思い浮かばず、もちろん検索もしません。誰か、ミィヤンマー放送局関係の顧問でもおられるのでしょうか。
 なお、戦前、日英同盟の締結で、日本人も歯医者とか写真屋とか多数ビルマにいて、社交場に出入りしたり、ゴルフしたりしていました。戦前の「ビルマ読本」という本で、写真を見たことがあります。

 ミャンマー人に、「歴史に関心がある人が少なくい」というのは、イギリスの植民地であり、日本の支配であったため、屈辱の歴史であり、思い出したくないのかもしれません。
 おそらく、それ以前の、隣国タイに勝利した歴史は、しっかり覚えています。

2016/05/27 (Fri) 14:31 | EDIT | REPLY |   

ローカル  

宮武麿さん

そうですね、ここ2年ほどミャンマー国立オーケストラのお手伝いもさせていただいているので、
クラシック音楽には常に電波を張っているつもりです。

タイに勝利した歴史はよく覚えてますよね。
特にスポーツでタイとの試合があると、よくバインナウン王の肖像画を持って応援しているのを見掛けます。

2016/05/28 (Sat) 18:56 | EDIT | REPLY |   

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016/09/29 (Thu) 08:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: ミステリーハント