ミャンマー・アングラLIFEブログ

ミャンマー最強ブロガーがお届けするアングラワールド

【BRT大躍進】 ついに「ヤンゴン環状線」陥落の刻!?



どうも

ぶらりヤンゴン街散歩

ナビゲーターの

ローカルおじさんです。


今日も今日とて

爆裂な暑さが続いておりますが

ローカルおじさんは

街ブラしたいんです!


てことで今回も

街で見掛けた

とっておきの情報

イグゼ!


最近、何かと話題の



「BRT」情報

だぜー!


「BRT」って言うのは

連ドラの主題歌に使われたり

バラエティーでも活躍する

3人組のバンドで・・って

それは「ELT」です。



誰だそれ?


いやマジで

今回は情報量が多いんで

極力ボケは控えさせていただきます。


・・んで

「BRT」って言うのは

今年の2月にお目見えしたばかりの

バス高速輸送システム

のことだぜ!


このシステムは

ヤンゴンの交通渋滞の緩和のため

BRTバス専用のレーンがあったり

行き先が明確だったり、安全運転だったり

車内がキレイでエアコンも効いてたりと

とにかく快適なバスとして

利用者も増えてる

今、大注目のバスなんだぜ!


まあこれに関しては

レフォンツーリズムさんのブログ

行き先や各バス停の最寄りの見どころなど

徹底的に攻略されてるんで

ぜひそちらもご覧ください!


てことで

ローカルおじさんも実際に乗ってみて

その快適さを体感したいんですが



どこから乗りましょうかね?


やはり

ローカルおじさんのブログと言えば

旅行者や駐妻の方、

いわゆる

「ELT世代」のファンが多いようですから

そこら辺の方に

ターゲットを絞って

BRTプランを考えてみたぜ!(ギリギリ持ち堪えた)


そのプランとは・・

「ボージョーマーケット」

     

「ゴールデンヒルタワー」前

     

「ミャンマープラザ」

だぜー!


DOだぜこのプラン?


旅行者と駐妻を

完全にフォローしてるだろ!?


てことで、ここからは

「実践編」

に移りたいと思います。


いやマジで

ローカルのバスに比べたら

乗り方もめっちゃ簡単

なので

みなさんも臆することなく

ぜひ一度お試しください!


・・まずは

ボージョーマーケット近くの



バス停へ向かうぜ。


ボージョーマーケットの近くと言っても



サクラタワーの向かい

だぜ。


BRT専用の



キレイなバス停だぜ。


なんやかんや



利用方法が書いてあるぜ。


どうやら乗車賃は

どこまで行っても

たったの

300チャット

みたいだぜ。


説明によると



「ICカード」

を使うみたいだぜ。




ここで売ってるみたいだぜ!




寝てるみたいだぜぇ。


カード買えなかったぜぇ~。




・・う~ん、

起こしてあげるのが

優しさだったのかなぁ?


そんなことより



いつになったら

来るんだぜぇ~?


約15分後・・・




やっと来たぜー!




鮮やかなイエローが眩しいぜ!


そして



いざ乗車だぜー!


カード持ってないけど

大丈夫なんだぜ?




お金入れるところがあったぜー!


でもだぜ、



1000チャット札しか

持ってないぜぇ~。


なにやってんだぜこれー!?


お釣りもらえないぜぇ~。。。


全部



アイツのせいだぜー!!


やっぱり

叩き起こすべきだったんだぜぇ~。


見た感じ



ICカードを使ってる人は

3割くらいだったぜ。


エアコンも効いてて



乗り心地は

バツグンだぜー!!


・・そして

ゴールデンヒルタワーの前を通って



「ミャンプラ」

到着だぜー!!


いや~

楽勝過ぎるぜー!!


バスにしては

高くついちゃったけど

これも情報代だぜー!


・・てことで

乗ってみた感想ですが

これ

ヤンゴン観光には

持って来いだぜー!!


ローカルのバスと違って

ワチャワチャしてないので



ゆっくりと車窓を楽しめますし

とにかく



バスがキレイで




エアコンも効いてて快適!!


しかも最北端は

タウチャンまで行くということで

これ下手したら

ヤンゴン環状線よりも

楽しめるかもしれませんYO!


・・さあ、雨季突入目前。


残りわずかな爆夏のヤンゴンを

思う存分



その体に焼き付けよう

ではありませんか!



↓なんだか乗れそうな気がする~クリック、ポチッとお願いだぜ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へにほんブログ村

アジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: ヤンゴン環状線、BRT