ミャンマー・アングラLIFEブログ

ミャンマー最強ブロガーがお届けするアングラワールド

ヤンゴンのラテンの勢いがスゴイ!



どうも

いつになったら雨が降るんでしょうか

灼熱地獄のヤンゴンで

毎日3回シャワーを浴びている

ローカルです。


いや~それにしても

こんだけ暑かったら

日中外を出歩くのは

マジで危険レベルなので

この時期ヤンゴンへいらっしゃる皆さんは

体調管理には十分お気を付けください!


てことで

若干日差しも収まった

夕方のダウンタウンで

こんなにオシャレなお店

見付けたんだぜー!


(Bogyoke Rd.on corner with Botataung pagoda Rd)

「FAHRENHEIT」

だぜー!!


読み方が分かんねぇんだけど~。


実は前から噂に聞いて

気になってたお店なんですが

なかなかダウンタウンに行く機会がなかったので

期待に胸を膨らませて

いざ突撃だぜー!!


いや~



欧米人を中心に

賑わってますねー!


お店の前にも

テーブルが並べられ

オープンエアでも楽しめるみたいだぜ。


店内も



実にシャレオツな内装で

最近では



チャリを飾るのが流行ってるんですかね?


んでこのお店

何がそんなに人気かというと

「ブリトー」が美味しい

って評判なんだぜ!


てことで早速


(Dynamite Shrimp 5,500チャット)

「エビマヨ」イッちゃうぜー!




What are you doing?


あっ、いきなり

「金ピカ先生」出ちゃいました・・


まあこれは

アペタイザー的な感じで頼んだんですが

エビもプリップリで

絶妙な味付けのマヨネーズソースが

ダイナマイトなハーモニーを奏でてるぜ!


そして

お次はいよいよ

このお店の名物



「ブリトー」 (7,500チャット)

だぜー!!


なんだぜこれ?


これなんだぜこれー!!


細かく刻まれたビーフが

ギッシリ詰まってって

めちゃウマなんですけどー!!


しかも

きれいに包み込まれてるんで

手で持っても

ボロボロこぼれ落ちることもなく

めっちゃ食べやすいです!


いや~これ



コロナビールが

バツグンに合うな!


つまりはこれ

メキシコ料理のお店

ですね?


なので店名も



スペイン語かなんかでしょうか?




I think so.

ってもうええわ!


いや~それにしても

最近ではこういう



ラテン系のレストランも増えてますが

これも

かつてタンリンを統治していた



フェリペ・デ・ブリトー

が関係しているのでしょうか?


・・てことでね

ヤンゴンのレストランも

猛烈な勢いで増え続けておりますので

くれぐれも熱中症にはお気を付けて

ヤンゴン食べ歩き

楽しんでみてください!


もちろん

「ミンガライフ」の



評判のうまい店50選

は必須ですよ!!(ちゃっかり宣伝)



↓ブリトーとタコスの違いが分からない・・クリック、ポチッとお願いだぜ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へにほんブログ村

アジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

2 Comments

お母さん  

Fahrenheit

お母さんは昔三流大学で第二外国語にドイツ語を選んだので、わかるのですが、
これはどう見てもドイツ語ですね。
読み方は、ファーレンハイト。
トの音はtoじゃなくて、子音だけのt。
偶然にも、温度を表す、カ氏(゜F)と同じですね。
娘に、ミャンマーでは気温はセ氏(゜C)なの?と聞いてみたら、
気温にしては数値が大きすぎるから、違うよ、との答えが。
イギリス植民地のなごりで、カ氏を使っているのでしょうか?
ちなみにヤンゴンの気温をカ氏で表すと、
100゜F くらいかと思われます。

ローカルさんが、「なんだぜこれー」と、いつもの調子を取り戻しつつあり、よかったです。

2016/05/10 (Tue) 00:42 | EDIT | REPLY |   

ローカル  

お母さん

情報ありがとうございます!
まさかのドイツ語だったんですね。
それにしてもメキシコ料理屋なのが気になります。笑

そうですね、気温や温度に関しては華氏です。
ローカルも病院で体温を測った時に80何℃とか言われて
ビックリしたことがありました。
その他にも重さもポンドですし、長さもインチやフィートを使ってることもあります。
ここら辺はなごりなんでしょうね。

暑くてあまり長時間外に出られませんが、ネタ探し頑張るぜー!!

2016/05/11 (Wed) 11:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: ヤンゴングルメ