ミャンマー・アングラLIFEブログ

ミャンマー最強ブロガーがお届けするアングラワールド

【閲覧注意】 蓮の実を生で食べてみた



週の真ん中水曜日

真ん中モッコリ



「トウモロコシおじさん」だよ!

バカヤロー!


初めに言っておくけどよ

今日はガチで

「閲覧注意」だからな!


まあちょっと

鳥肌もんの食べ物が登場するんだよ!


「フジツボ」とか「蜂の巣」とか

なんか密集したやつがキモチ悪い

っていう人も結構いるだろ?


医療分野でも

そういった恐怖症を

「トライポフォビア」

って言うらしいんだけど

それくらいダメな人はダメだから

ここから先は

決してサブイボを立てません!

って人だけ見てくれよな!


「トライポフォビア」の人は

ここでオサラバだ!


とりあえず下の

魚を釣ってるイケメンをクリックすると

今日も良い事があるから

忘れずにポチってから退出してくれよな!


(※もう一度言いますけど、今回はマジです!

 「集合体」が苦手な方は

 本気でここでお止めになってくださいね!)



にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へにほんブログ村



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



それじゃイグゾ!


いや~、トウモロコシおじさんはよ

今日も新鮮なモロコシを求めて



「レーダンゼー」をブラついてたんだよ。


この時期は

町全体がくすんでるからよ



野菜や果物の色が鮮やかで

キモチいいな!コノヤロー!


レーダンゼーは

敷地が広くて品数も多いから

トウモロコシおじさんも

大好きなゼー(市場)の一つなんだよ!


さて、今日も

「肉厚なモロコシをゲットしてやるぜー」

ってな感じで

ゼーの中を散策してたらよ

見たこともない植物

を売ってたんだよ!




なんだよこれ!?


なんかブツブツして

めっちゃキモチ悪いんだけど!


聞くところによると

これは



「蓮の実」

らしいな!




「蓮の花」はキレイなのに

実の方は

アカンことになってるんだよ!!


日本では

まず食べることはないんだけど

東南アジアでは

スナック感覚で

食べる国も多いらしいんだよ!


いや~それにしても



鳥肌がハンパねぇんだけど・・・


どうだよ!?

ここまで読んで

後悔してる人もいるかもしれないけど

すでに手遅れだからな

最後まで付き合ってもらうぞ!タコヤロー!


・・てことでよ

トウモロコシおじさんも

サブイボ満載で



蓮の実を

生で食べてやったんだよ!


まずはこうやって



カブのところを裂くと

キレイに実が取れるんだよ。


んでこんな感じで



皮を剥いでいくと




ツルッと中身が出てくるんだよ。


意外と簡単に取り出せたんだけど

これで終わりじゃないんだな!


実の中には



芯が入ってんだよ!


こいつは苦いから

取り除いた方がよさそうだな。


まあベトナム辺りでは



この芯もお茶にして飲むらしいけどよ

今のトウモロコシおじさんは

今世紀最大のサブイボが立ってるのに

お茶まで立ててる場合じゃないから

早いところ



実を食べて終わらせるぞ!

バカヤロー!





・・・無味。


なんだよこれ!?


食感は

茹でた落花生に似てるんだけど

この上なく

味がねぇんだけどー!!


チキショー!

素直に

モロコシ買っときゃ良かったよ~!

バカヤローのタコヤロー!!


ヤケクソで



これでも喰らえー!!




↓やっぱりアカンかった・・クリック、ポチッとお願いだぜ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へにほんブログ村
アジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

4 Comments

Sandar  

また懐かしいものを取り上げましたねぇ

写真を見ると鳥肌が立つのですが、子供ころ食べた記憶を思い起こすと平気になってしまうという不思議・・

我が家は母親が日本人ということもあり、家ではラスク、マリービスケットのようなオヤツしか出ませんでした(今でもマリービスケットは進んで食べようと思わない)。
そのため、市場や道端で売られている所謂オヤツはご法度でした。
そこで通っていた学校が親の目の届かないミョーデーのジェネラル病院の前ということもあり、学校に行くと常々気になっていたオヤツは売りに来るので食べ放題という状況でした。
そして日替わりで好奇心の赴くがまま試していました(6~歳児の時分に)。
その中に入っていたものが、このハスの実です。
実がスポンジのようなクッションに埋まっている感じで、スポンジから実をはがすがたまらなく好きで、そして実の味も中々クセになったみたいで、記憶に残るほど食べていたようです(青生臭いにおいがしますよね)。
写真を見ると気持ちが悪くなりますが、このスポンジを剥がして口に入れた時の心地よい感覚を思い出すと不思議と気持ち悪さが中和されます。
ハスの実自体はそれほど美味しいものではなくても、親の目を盗んで食べたというワクワク感がポジティブな記憶として残っているのかも知れません。
他に珍しいオヤツとしては、パームヤシの芽?根?を蒸かしたものです。これも味は楽しめるものではありませんが、芯の芽が開くと小さなヤシの葉状になるので、それを編んでミニウチワを作るというささやかな楽しみがありました。

思うにミャンマー人はこう言った食べ物に、子供のころの郷愁感じるのではないでしょうか。




2015/07/29 (Wed) 20:07 | EDIT | REPLY |   

さきざき  

んー、ちと大げさ。。。

蓮の実は、甘納豆で知っています。味がないから甘納豆にしているのですね。(生薬なので食べ過ぎないよう言われましたが。)きゃーきゃーと楽しそうね、お気をつけて。

2015/07/30 (Thu) 14:31 | EDIT | REPLY |   

ローカル  

Sandarさん

子供の頃からミャンマーで生活された方には懐かしい食べ物だったみたいですね。
確かにあのスポンジはパフパフしててキモチいいですね。
自分もキモチ悪さが中和されるくらい蓮の実を取り出してみたいと思います!笑

パームヤシで作ったウチワというのも興味深いです。
今度探してみますね!

いや~それにしても、ミャンマーの自然はまだまだ奥が深いです。。

2015/07/30 (Thu) 19:14 | EDIT | REPLY |   

ローカル  

さきざきさん

甘納豆は蓮の実だったんですか?
それは知りませんでしたので思わずハシャいでしまいました・・・
これからもご指摘があれば、よろしくお願いします。

2015/07/30 (Thu) 19:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: ゲテモノ