ミャンマー・アングラLIFEブログ

ミャンマー最強ブロガーがお届けするアングラワールド

トレジャーハント at PYAY ~伝説の男~



どうも、

トレジャーハンター隊長の




ローカルおじさんです。


ローカルおじさんの

お宝探しの旅は

いつまでたっても

お宝が出てくる気配がありませんね・・・


もちろん

最大の目的は

「お宝探し」なんですけど

せっかくピィまで来たんで


少しは寄り道させてくださいね。


そう焦らず




ゆっくりと






行こうじゃありませんか。



さあ、今回は

ミャンマー伝説のカオスエ

が登場しますよ!



ピィから南へ約15Kmにある

小さな村


「シュエダウン」


ここに

伝説の名店があるんだぜ!





「OSAKA」だぜー!!


・・またまたぁ

最近ヤンゴンでよく見る

とりあえず日本語を使えばカッコイイ

と勘違いしてるお店でしょ?

と思われた

そこのあなた!



認識があま~~い!!






このお店の名物


(一杯600チャット)

「シュエダウンカオスエ」

は、なんと

大阪万博に出展されたんだぜー!


ミャンマーの食の代名詞、

「モヒンガー」を抑えて



このお店の

「シュエダウンカオスエ」が

40年以上も前に

世界デビューしてたんだぜ!


だから

お店の名前も「OSAKA」って言うんだぜ!


このお店の創業者




「ウーティンシュエ氏」

は、この時代のこの地域では珍しく

10年生を卒業。


英語も堪能であったため

ミャンマー(当時はビルマ)政府から

文化交流の一環として

大阪万博が開催される日本へ派遣される。


準備期間も含めて

約7ヶ月も日本に滞在されたそうです。


万博では

日本人好みに味付けした

地元の

「シュエダウンカオスエ」を出展。


たくさんの来場者に喜ばれたそうです。


その後、

インドやスイスにも派遣され、

86歳でこの世を去る。


ウーティンシュエ




「生誕100周年」には

地元の人たちに

「シュエダウンカオスエ」が振舞われ

大賑わいだったそうです。


ミャンマーの文化を

世界に発信し続けた

まさに地元のヒーロー!


味もさることながら

日本とミャンマーを結んだ

一人の男の至極の一品




「シュエダウンカオスエ」を

「キングオブカオスエ」

に認定します!!





(追記)このお店の支店が

    サンチャウンのバホーラン上

    にあるそうです。

    ご存知の方はご一報を!!







↓お宝はすっかり忘れてる気がするクリック、ポチッとお願いだぜ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へにほんブログ村
アジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

2 Comments

仙  

君が病気の時には僕がカウソエを作るよ~U+2669

お宝は見つからず、セルフサービスの睾丸ぶらさげて帰ってきたんだね??
でも恥ずべきことじゃない。壁から出て行った調査団の7割は戦死するんだ。

2013/08/13 (Tue) 12:34 | EDIT | REPLY |   

ケイシー  

ローカルおじさんのキャン玉はそんなに小さくはないんだぜぇ~。
なにしろ今回はリベンジだからな。
戦死するわけには行かないんだぜー!!

2013/08/13 (Tue) 20:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: ☆「ピイ」お宝Part1